忍者ブログ
Dummy
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1
[PR]
2019/11/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/02/03 (Sun)
bacalao.jpg数年前ノルウェーに行った時、オスロで会った人に伝統料理でお勧めのものがないかと尋ねたところ、バカラオという料理のことを教えてもらった。そこでさっそくレストランでバカラオを食べてみたが、これがなかなかおいしく、その後もノルウェー滞在中にいくつかのレストランで食べてみた。

写真にもあるように、この料理は、「鱈のトマト煮込み」あるいは「トマトシチューの鱈乗せ」といったようなものだったが、北欧の伝統料理がトマト煮込みというのはやや意外な感じがした。さらに、バカラオというのはスペイン語で鱈のことを表す単語であると聞き、なぜ北欧の伝統料理にスペイン語の名前が付いているのか、謎が深まった。その後、オスロからベルゲンに移動し、いろいろ見学しているうちに、どうやらバカラオという料理の背後には中世末期以来のノルウェー(ベルゲン)の歴史が大きく関係しているようだということが分かった。

ノルウェー第二の都市ベルゲンは、14世紀中頃より、ハンザ同盟の商館が置かれ、交易の一大中心地として栄えた。ベルゲン観光の目玉として知られるブリゲン (Bryggen) という倉庫街 (写真)は、もともとはハンザ同盟のドイツ商人たちの集まる街で、今でもその一角には「ハンザ博物館」(Hanseatic  Museum) がある。

bryggen.jpg





hansacoatofarms.jpgハンザ同盟のドイツ商人がベルゲンで商ったものの中心は乾燥鱈で、これにより彼らは大きな利益を上げていたようである。乾燥鱈の重要性は、彼らの用いたエンブレム(写真)にも反映されている。エンブレムの向かって左半分は、フランク王国のシャルルマーニュにまでさかのぼるとも言われ、現在のドイツの国章にもつながる黒鷲の図で、ドイツ商人たちの出身地を象徴するものである。これに対し、右半分に置かれているのは乾燥鱈の図である。エンブレムに組み込むほど、彼らにとっては乾燥鱈が重要だったということであろう。


ちなみに、ベルゲンにある醸造所では、町の歴史を反映して Hansa というビールが作られており、このビールのロゴの上にはハンザ同盟のドイツ商人たちの用いたエンブレムが用いられている。(写真)

hansabeer.jpgベルゲンでハンザ同盟の商人達から乾燥鱈を買いつけた商人の中にはスペインの商人もおり、彼らは乾燥鱈のことをbacalaoと呼んだ (スペイン語bacalaoは最初の子音二つが入れ替わった形で借用され、「鱈」を意味するオランダ語cabbeliauや ドイツ語Kabeljau にもなっている)。ベルゲンを中心としてノルウェー西部でよく食べられるバカラオという料理も、恐らくベルゲンから輸出された乾燥鱈がスペインでトマト煮込みに使われるようになり、その調理法が乾燥鱈を買い付けに来るスペイン商人によりベルゲンやその周辺地域にもたらされたことで、この地域に根付いたのだろう。


料理の主役である乾燥鱈は地元ノルウェーのものであるが、バカラオというスペイン語の名前に加え、ニンニクの効いたトマト煮込みで、大抵オリーブも入っているなど、料理そのものは北欧風というよりは南欧風であり、この料理が全体としては「輸入」されたものであるということを示している。バカラオはかつてベルゲンで盛んに行われていた乾燥鱈ビジネスを通じて南北の食文化が出会ったことで生まれた料理だと言えそうである(今でも下の写真のようにベルゲンの市場では他の様々なものとともに乾燥鱈も売られている)。

いずれにしろ、なかなかおいしい料理なので、ベルゲンを中心とするノルウェー西部に行った時には、ハンザ同盟のことなど、この地域の歴史に思いを馳せながら、バカラオを食べてみるのもいいだろう。

bacalao2.jpg












 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
唐澤一友
性別:
男性
自己紹介:
中世英語英文学や英語史を専門とし、駒澤大学文学部で教えています。さらに詳しくは、ホームページをご覧ください。
バーコード
ブログ内検索
P R
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]